Lodestar ALM Ver3.0.0のリリースを開始いたしました。

 

対応内容

・クライアントモジュールをサーバOS、ターミナルサービス環境でも動作するように対応

・管理コンソールにおいて、FeliCa情報をCSVファイルからインポートする機能を追加

・すべての認証デバイスについて、クライアントのワークグループ環境対応(但しALMサーバはAD環境)

・集中管理SSO設定をユーザが自ら更新できるセルフSSO機能を追加

・PCごとに共有IDを使用してログオンをおこなう機能を追加

・PCごとにログオンユーザの許可/制限をおこなう機能を追加

・ALMToolsの起動の許可/制限をおこなう機能を追加

・クライアントPCから接続するALMサーバのリストを明示的に指定する機能を追加

・ALMクライアントのアンインストール可否をPINで制限する機能を追加

・FeliCa、PR-Seriesカード情報の認証において、次回からの照合速度を高速化するために

カード情報のキャッシュをもたせる機能を追加

・WebフォームSSOにおいて、JavaScriptを使用したサイトに対応するために

ID/PW送出、サブミットの遅延実行とキー入力エミュレート機能を追加